うとうとさらの テンパり育児

心配性新米ワーママ~今日も悩んでます~

【夢のコラボ企画】三歳児神話は本当?0歳児クラスから保育園に入れてみての正直な感想☆挿絵Sai.さん☆

 

こんにちは、うとうとさらです。

 

昨年のこの時期に悩んだこと。

それは…

ワーママの最初の壁、保育園問題!!

 

保育園自体に入れるかどうかを迷ったり

保活の結果で苦しんだり。

また、何歳から行かせるかも悩みどころ。

 

そんな時なんとな~く耳にするのは

三歳児神話ですよね。

 

三歳児神話(さんさいじしんわ)とは、

子供が3歳になるまでは母親は子育てに専念すべきであり、

そうしないと成長に悪影響を及ぼすという考え方のことを言う。

~Wikipediaより引用~

 

私も子供が生まれるまではコレ、信じていました。

なので赤ちゃんのうちから保育園というのも

実は少し抵抗があったのです。

 

こんな考え方は日本だけという説もありますが

本当なのでしょうか?

 

私が実際に0歳から保育園に入園させてみて感じた

メリットとデメリットについてお伝えします。

 

保育園

   挿絵@Sai.さん (Sai.のマイペース4人暮らし )

 コラボ企画について

今回は特別なコラボ企画でお送りします。

アイキャッチ画像がいつもと違うので

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが。

 

私が一方的に大大ファンで、いつも楽しくブログを拝見していた

あの、Sai.さんが

私のブログに挿絵を提供してくださいました~~!!

 

Sai.さんのブログは、

娘さん達とのほんわか癒される日常や

ワーママ時代の苦労話など、

どれも共感できる内容ばかりで凄く面白いです。

 

そしてなんと言っても

スタイリッシュなイラスト涼しげな色使いが本当に大好きです!

▽ ぜひ、こちらのブログもご覧になってくださいね ▽

www.sai-kurashi.com

こんな弱小ブログにご賛同頂いて感無量です。

 

保育園に0歳児から入園させるメリットとは

色々な行事から刺激を受けて成長が早い

運動会

  挿絵@Sai.さん (Sai.のマイペース4人暮らし )

 

大きなメリットとして

まずはなんといっても、

家庭保育だけでは絶対体験できないような

行事の数々です。

 

保育園に行っていると本当に季節を感じやすいです。

大人が忘れがちな季節イベントもしっかり行い

まだ歩けないような赤ちゃんでも全員参加させてくれます。

 

娘の保育園でも

入園してすぐに運動会がありました。

 

歩けないのでハイハイレースなど、ほんの少しでしたが

参加出来たのは親子にとって大きな意味がありました。

当時のビデオは宝物です。

 

音楽に沢山触れることでリズム感がすごく育つ

パプリカ

 挿絵@Sai.さん (Sai.のマイペース4人暮らし )

 

ダンスと歌が大好きな娘。

保育園でいろいろな手遊び歌などを覚えて帰ってきます。

 

親が教えてないのに、

たまたま流れた歌に合わせて突然完璧なダンスを踊って

みんなを驚かせてくれたりします。

 

大きい子たちのマネをして、一緒に踊っているみたいです。

 

発表会の練習では、パプリカを覚えてきてくれました。

みているだけで、かわいいです。

(Sai.さんのイラストも、最高に可愛いですよね!)

 

また、言葉を話す前からお友達との関わり方が

学べるので脳の発達にもよく

地頭が良くなればいいな~と淡い期待をしています(笑)

 

給食メニューの食材が豊富で離乳食の進みが早い

給食

 挿絵@Sai.さん (Sai.のマイペース4人暮らし )

 

離乳食初期~中期くらいでの入園だったため

食べられる食材を増やすのには苦労しました。

 

入園前までになるべく多くの食材を

家で経験しておきたいと意気込んだけれど

それが予想外に超大変!

 

生後5ヶ月からすぐさま開始し、

毎日カレンダーとにらめっこ

 

慣らし保育開始までを逆算して

計画的に食材を進めていましたが間に合わず。

卵とかはまだお試し中のまま入園しました。

 

育休中とはいえ、

離乳食の調理は時間が掛かって大変

しかも最初は少量しか食べないし・・・

 

仕事復帰後はかなりベビーフードに助けられましたが

昼食は保育園で栄養満点のものを食べていると思うと

少し気が楽になりました。

 

保育園のメニューは

子供の成長に合わせてその都度形状等も変えてくれたので

先生からこんなものも食べられますよ、と

逆に教えて頂くこともありました。

 

家で離乳食の進みが悪くても、

保育園ではお友達と競い合って食べるのがいいのか

毎回おかわりまでしてくるので

あっという間に離乳食は卒業しました。

 

幼児食に以降した現在でも

普段あまり買わないような食材も

保育園メニューでは沢山登場するので

料理べたとしては良かったです(笑)

 

外遊びが年中充実している

公園遊び

  挿絵@Sai.さん (Sai.のマイペース4人暮らし )

 

私は超インドア派で体力がないので(笑)

子供が出来たら毎日公園遊びとか

外に連れて行くのは大変そうだな~と

心配していたんです。

 

保育園児には杞憂でした。

毎日毎日、天気のいい日は園庭や公園

めいっぱい遊んで帰ってきます。

 

夜は疲れて寝てくれるし

土日も別に公園じゃなくても

買い物とかで満足してくれるので

今のところ、とても助かっています。

 

これからもっと成長したら

体力が余って土日もせがまれるのかもしれませんが・・・

 

暑い日も寒い日も、子供は外遊びが大好き。

まだ歩けないときから

カートに乗せてお散歩に連れ出してくれました。

本当に先生方には頭があがりません!!

 

公園遊びもいつの間にか

滑り台や砂場で上手に遊べるようになっていて驚きです。

 

新米ママには公園はまだハードルが高いので

(訳:服がどろどろになったりして大変で)

お休みの日は室内のキッズスペースに行ったりして

我が子の成長を楽しんでいます。

 

デメリットはどんなところ?

とにかく、あらゆる病気になりやすい

パンデミック

  挿絵@Sai.さん (Sai.のマイペース4人暮らし )

 

集団生活をしている以上、

親が子供の衛生面を全て管理するのは無理です。

 

入園当初はなんでも口にいれてしまう時期だったので

神経質に心配ばかりしていました。

 

ちゃんとおもちゃは消毒しているのかな~とか、

手洗いはきちんとしてくれてるかとか

お昼寝布団は清潔かとかね(笑)

 

とにかく心配でならなかったですが

もう途中からは、私がいないところで

気にしてもしょうがないや~と思えました。

 

念の為にお伝えしておきますが

先生方もプロですので

粘土遊びや砂場遊びは

口に入れないようになど衛生面は十分注意してくださってますよ!

 

ですが、どうにも避けて通れないのが

感染症などの病気関係です。

0歳児は免疫をまだ持っていないので

ありとあらゆる病気を貰ってきます。

 

我が家もこの1年で数々の病名が付きました。

ノロウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、中耳炎、溶連菌・・・

 

▽ 最近ブログに書いているのだけでもこんなにありますね。

www.utoutosara.com

 

鼻水、下痢は結構頻繁でもはや対処法も慣れたもんです(笑)

ただ「熱性痙攣」だけは本当に怖かったです・・・

 

そして、もれなく大人へもうつります

特にノロウイルスの一家パンデミックは悲惨でした。

どんなに気を付けていても家庭内感染の予防は難しいです。

 

夫婦ともにちょっとした風邪とかも引きやすいです。

大人になってからこんなに頻繁に発熱したり

体調を崩すことはあまりなかったので、

家族で免疫力を高めていかねばならないと反省しています。

(最近は、コロナの件ももありますし)

 

反対に、子供はこれを機に

病気への免疫をつけているので

これからどんどん強くなるはずです。

 

貴重な我が子の成長を見逃すこともある

写真を見返すと今更ながら思うのですが

生まれてから歩き出すまでは、ほんの一瞬!

なんだなとしみじみ感じます。

 

先輩ママさん達の言うとおり

赤ちゃん時代はあっという間なんですね。

 

ぷっくぷくでむっちむちの手足・・・

母乳やミルクを飲む姿・・・

抱っこをしてないとずっと泣く顔・・・

初めてのずりバイやたっち・・・

 

こんな貴重な子供との時間を

他人に預けるのはやっぱり寂しい。

 

タイミングによっては

先生が一番の目撃者かもしれない。

 

一番近くに居られないもどかしさは

どうしたって、拭い去れません。

 

後悔はしていないけれど、

もしかしたらこれが最大のデメリット?

 

だけど、これは親の気持ち。

子供にとってどっちがいいかなんて

誰にも分かりませんよね。

 

まとめ

これは私個人の感想ですが

保育園に入れるなら0歳からの方が子供の負担が少ない

メリットも大きいのではないかと感じました。

 

結局のところ三歳児神話って、

親との関わりの深さだと思います。

(タイトルであおって申し訳ないですが)

 

最初は保育園に行っているから

娘は可哀想と思っていたのですが

毎日多くの人と関わりが持てて娘も楽しそうです。

 

ママやパパとだけの世界じゃなくても

子供はちゃんと考えて頑張れるのですね!

(ママは少し寂しいけれど)

 

親の立場としても

24時間べったり一緒よりはメリハリがある分、

遊ぶときは遊ぶ!と一点集中できて

意識的に子供に時間をかけられるような気がします。

(ぐーたらママなので、家でついダラダラしてしまう)

 

もちろん、家庭でずっと一緒にいられることに

越したことはないと思いますよ!?

小さいうちにしか親子で出来ない経験って絶対ありますから。

 

家庭保育に憧れる気持ちはやっぱりあるけれど、

保育園もそんなに悪いところじゃないなと

知れて良かったと思います。

 

最後に

今回挿絵をご提供頂いたSai.さん、

この場をお借りして改めてありがとうございました。

 

コラボ企画のやりとりのなかでも

いつも丁寧で優しいお言葉を頂きました。

Sai.さんの素敵なお人柄が伺えて、

ますますファンになりました。

 

私の拙い文章のせいで

せっかくのイラストが生かしきれていないのが残念ですが(笑)

本当にイメージ通りの素敵な挿絵でした。

 

こんなに早く夢が実現するなんて!

しかも描き下ろしイラストを頂ける日がくるとは~(><)

 

尊敬するブロガーのあとかさん(あとかのブログ

とのコラボ企画に続き

第二弾としてイラストをご提供頂きまして

本当にありがとうございます。

 

他のブロガーさんとのコラボも楽しみにしております☆

 

Sai.さんの下の娘さん、ひとり遊びチョイスが本当にツボです。

その遊び、参加させてください!(笑)

優しいお母さんに見守られて安心しているのですね~!

www.sai-kurashi.com

 

 

そして読者の皆様へ

今回は私ひとりで興奮してしまい、

本当に申し訳ありません!!

ブログ初心者がなんか騒いでいるよ・・・

という感じで、

どうか温かい目で見守っていただければ幸いです。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

 

それでは、また。

 

Copyright © utoutosara All Rights Reserved.