うとうとさらの テンパり育児

心配性新米ワーママ~今日も悩んでます~

【エンドレスつわり①】 重度のつわりで入院〜切迫早産にて自宅安静の日々

 

こんにちは、うとうとさらです。

 

妊娠中一番辛かったもの…

それは、つわり!!!

 

たかがつわり、されどつわり、憎きつわり

つわり つわり つわり

想像以上のエンドレスなつわり生活がありました。

 

つわりってこんなに辛いんだと思いました。

「誰か助けて~」

その声も虚しく、一人で耐えるしかない。

 

いつ終わるのかも分からない、

出口のない暗いトンネルの中

さまよっている気分です。

今回はそんなつわりに苦しんだ妊婦時代のお話です。

 

今まさにつわりで苦しんでいる方がいたら、

ぜひこの記事を旦那さんへ見せてくださいね。

男性はなかなか実感しづらいと思うので

分かってもらうためにも!(自分で説明する気力すらないときに)

f:id:utoutosara:20191112213732j:plain 

 妊娠確定前からの吐き気・・・ゼリー必須

急に水すら飲めないなんて

友達は産休ギリギリまで元気に働いていたし、

母もそんなに辛くなかったらしいので、

私ものんきに安産家系だから…と安心してたんですよ。

 

そしたら突如目の前に現れた強敵。

思い出してもまだ辛い、長い付き合いとなったあいつ。

 

私は、妊娠検査薬が陽性反応で 

わーい♪ 

って時からまさかのつわり到来。

 

病院で「妊娠確定ですね」のお墨付きをいただく前に

すでにつわり辛い!

吐きそう助けて状態でした。

 

まず、朝起きたら胃がムカムカして

二日酔いのひどいやつ、

または船酔いの感じがあって…

トイレへダッシュ!

 

次の日からはベッドの中で

何か口に入れて紛らわせるために

アメとこんにゃくゼリーをスタンバイ

 

柑橘系のものを食べるといくらからマシでした。

気持ち悪くて水も飲めない状況です

 

起き抜けのゼリー

夜中目が覚めてもゼリー

寝る前もゼリー…

別にゼリー好きじゃないんですけど(笑)

吐きづわりのくせに

なぜか超初期ではとにかく口にいれておかないと!って感じでした。

 

ここで初めて病院へ行く

病院で改めて妊娠検査してもらうことになったんですけど、

吐き気でそれどころじゃないッスって感じでした。

 

しかも、つわり辛いですって言ったら

なぜか先生にもこんにゃくゼリー勧められた!(笑)

わざわざデスク下から取り出して見せてくれた。

あの、先生、薬貰えないのでしょうか。

って正直思いましたが、すごすごとそのまま帰宅。

 

このあと、ある理由から病院を変えることになるんですが

結果的には変えて良かったと思ってます。

それについてはまだ次回書きますね!

f:id:utoutosara:20191112213844j:plain

きょうはつわりで会社休みます。

(綾瀬はるかのドラマではない)

当然仕事に行ける訳もなく、

電話で上司に妊娠したことをまず伝え(まさかの電話越し)

いかにつわりがひどく

ベッドから一歩も起きられない状況かを伝えました。

トイレへ行くことすら、常に袋持って瀕死の状態でした。

 

この頃はまだ毎日電話して仕事休みますの連絡

気が重い。またひとつ試練が。

朝は特に吐き気ひどいから電話も辛い。

 

幸い上司は優しいおじさまでしたので、

電話口で嫌味を言われることなどはありませんでした。

唯一の救い!!!

男性が上司で良かったです。

個人的には女性上司だと逆に理解されない気がします…

私はつわりなかったよ!とかサラッと言われたりね。

 

暗い部屋でひとり瞑想

朝も昼も夜もずーっと気持ち悪くて、

明るいと特にひどくなるから、

とにかく目をつぶって暗い部屋で横たわるしかなくて、大変でした。

テレビやスマホなんてもってのほか。

目を使うと悪化しました。

 

とにかく時間が経つのが長く感じられて…

心配そうに帰宅する夫くんの顔を見るまで孤独に耐えてました。

 

食事もほとんど口にできなかったので、

みるみる体重が減ってしまい

「このままでお腹の赤ちゃんはちゃんと育つのかな?」

と不安になって泣いたりしてました。

 

妊娠中ってホルモンバランスのせいで

情緒不安定になりやすいですよね。

体調も悪いし、

まだ赤ちゃんの心音も聞けてないこの時期は

とにかく不安で毎日がブルーでした。

 

あの時何食べてたんだろうって思い出すと

多分、ひたすら

イチゴを食べて飢えをしのいでました。

イチゴ、高かったけど、この時ばかりは切らさないように

常に買ってきてもらってました。

必死!生きるのに必死!

 

夫くんの出張がありしばらく家を空けてしまうとのことで、

かなり不安になった私は

実家に帰省させてもらうことにしました。

 

実家でも基本カーテンしめてベッドに横になって

ただただ耐えるしかなかったです…

 

でも、昼間人の気配があるだけで

だいぶ気分的に落ち着いてきました。

つわり中は、もし頼れる人がいるなら、頼ってください。

f:id:utoutosara:20191112213815j:plain

妊娠悪阻の診断書

無事心音も確認できて一安心

この時は安心感が凄くて、

今まで食欲なんてなかったのに

病院帰りに夫くんにハンバーグ屋さんに連れて行ってもらい

たらふく食べました。

いつもの味が美味しかった!

何より普通に食事できたことが感動。

(気分的な高揚感で食べれただけで、

次の日からまた吐きづわり三昧でしたが)

 

辛いけど、仕事にも行かないといけないという

焦る気持ちがなかなか終わらないつわりを

悪化しているような気がしてました。

 

会社に行ったはいいけど昼で早退とか、

全然仕事になりませんでした。

常に吐き気と戦っていたので電話も辛い状況。

戦力にならず、職場の方々には本当に申し訳なかったです。

 

そんな感じで逆に前よりひどくなってきたな

これもう耐えられない。

 

妊婦健診の日まで待てないので急遽予約なしで

フラフラしながら、もちろん袋持参で病院にいきました。

(ここではすでに病院変えてます)

ケトン体が出た

やっとこさの思いで、尿検査をしたところ・・・

ケトン体 +4!!

 

ケトン体とは・・・?

体内の脂肪をエネルギーに変える際に

できる物質のことを指す。

つわりの症状がひどく水分や食事がとれなくなると

体内の脂肪をエネルギーに変えようとして

ケトン体が過剰に生成されるため、

ケトン体が出ていることが

つわりの重症度をはかる目安となる。

 

つまり、+1 +2 +3 +4 と

数値が大きいほど重症化しているということ。

 

「うとうとさん、これね、あなたの身体は今

飢餓状態ってことだよ!

すぐに入院出来るかい、まずは点滴しようね。」

 

この先生の一言で、やっぱり私はつわりが重かったんだ。

甘えてたからじゃなかったんだって

安心してボロボロ泣いてしまい

看護師さんによくここまで頑張ったね、

ずっと辛かったねと言ってもらいました。

 

診断書には

重度の妊娠悪阻(おそ)

と記載されており、これをもってしばらくの間仕事をお休みして

身体のことだけ考えられるようになりました。

f:id:utoutosara:20191112214019j:plain

入院生活でまさかのつわり悪化

ニオイとイビキに要注意!

しかしですね、その入院生活は自宅より辛かったのです。

 

理由はまず、病室に漂う食事のにおいが辛い

病院の食事は全く食べられないので(でも食事代は払っている)

毎日母からイチゴの差し入れをもらって食べてました。

 

日中やっと眠れそうな時も定期的な検温等で起こされる

眠れないのでとてもヒマ…

活字は吐き気がしてネットも本も読めない(笑)

 

産科と婦人科の入院が同じフロアなので

夜中も赤ちゃんの声が聞こえるけど、

そのせいで寝不足&自分はちゃんと産めるのか更に不安になる。

 

そして極めつけが・・・

隣の患者さんの イビキ がひどくてつわり悪化!!

(音と光に過敏になっていると、事前に伝えていたが大部屋でした)

 

あんまりひどいので看護師さんに泣いて訴えました。

しかしながら、個室が空いてなくてそのまま退院する流れに。

通院で点滴に切り替えてもらいました。

 

この頃のつわりは、吐き気に加えて頭痛がひどかったです。

特にちょっとしたテレビの音とかも響いてしまい

片頭痛の延長みたいな感じで辛かったです。

 

もちろん、妊婦でも飲めるやさしめの薬を処方して貰いましたが

私にはあまり効きませんでした。

 

ここでも心配症が出てしまい

「赤ちゃんのために薬は極力飲みたくありません…」

と先生にお伝えしたら困ってました。申し訳ない。

 

ほとんど寝たきりの生活で体力も落ちてきてとにかく、何もかもが不安。

この頃は胎動もないし、

お腹に赤ちゃんがいるという事がどうもしっくり来ない。

これから母になるという実感はなく

ただただ体調が悪いということしか考えられませんでした。

だから、この先に待ち受ける出産についてなんて、

想像すら出来てませんでした。

 

 

すみません、長くなってしまったので

次回 ② に続きます(まじか!)

www.utoutosara.com

 

 ▽つわり関連の記事はこちらもどうぞ▽

www.utoutosara.com

Copyright © utoutosara All Rights Reserved.