うとうとさらの テンパり育児

心配性の新米ワーママがおすすめの育児グッズや暮らしに役立つ情報をご紹介します

【西松屋オムツ】スマートエンジェル「レビュー」マミーポコと比較

 

こんにちは、うとうとさらです。

 

最近の娘はオムツが汚れるとすぐに「ママ、でた」と教えてくれます。

嬉しい反面、少量のおしっこでもオムツ替えをしているので、近頃オムツの消費量がはんぱないです!(悲鳴)

そろそろトイレトレーニングも気になる時期です。

なるべく娘の自己申告をうまく促したい・・・しかし家計も気になるところ。

少しでもオムツ代を節約したいと思い、西松屋のPB(プライベートブランド)商品である「スマートエンジェル」のオムツにもとうとう手を出してしまいました!!(笑)

今日は超正直なオムツ使用レビューです。

結論から申し上げるとズバリ「コスパ最高なので試してみる価値はあります!」です。ただしデメリットもありましたので、ぜひ最後までよんで検討してみてくださいね。

こんな人におすすめ
  • 西松屋PBオムツスマートエンジェルのオムツが気になる
  • マミーポコやパンパースとの違いは?
  • 結局使い勝手とコスパはどうなの?

西松屋 オムツ スマートエンジェル

西松屋PB「スマートエンジェル」とは

西松屋PB(プライベートブランド)のオリジナル商品「スマートエンジェル」シリーズはオムツ以外にもおもちゃやボディソープ、なんとベビーカーまで沢山の商品があります。

洋服もかなりお安く手に入ります。保育園児の強い味方!!

低価格ながら高品質が売りで我が家でも「手口ふき」や「歯ブラシ」を愛用中です。

西松屋オムツ「ベビーパンツ」のサイズ展開

西松屋 オムツ スマートエンジェル

西松屋 PB おむつ

ネットでは公式情報があまり見つからないのですが、私が店頭で確認した限りでは2サイズ展開です。

  • Lサイズ(8〜12kg)・・・44枚入
  • ビッグ(11〜14kg)・・・38枚入

価格は680円(税抜)でした。(2020年4月現在 店頭価格)

ちなみに、マミーポコのLサイズの体重表記が9~14kgなので西松屋のオムツは少し守備範囲が狭いですよね。

若干体重ぎりぎりなので、ちょっとドキドキしながら買いました(笑)

マミーポコとの比較

▽ 以前マミーポコとパンパースの比較記事を書いています ▽

www.utoutosara.com

今はマミーポコをメインに使用しているので今回はマミーポコとの比較になります。ちなみに、Lサイズです!

価格

店頭購入時
  • 西松屋 680円(税抜)・・・15円/枚
  • マミーポコ 798円(税抜)・・・18円/枚

 ともに44枚入りです。

1枚あたりに換算すると、西松屋のコスパの良さにビックリですね!!

余談ですけど、最近マミーポコはデザイン変更されましたよね。

ディズニーからドラえもんに変わったのも悲しいのに、なぜか中身は同じなのに50円くらい高いんですよね。

両方店頭にあるときは、迷わずお安いミッキーの方を買っていたのですが、最近めっきりディズニーデザインを見かけません。在庫終了しちゃったのかな??

大きさとギャザー

パンパースの在庫も家にあったので、Lサイズのオムツ3種類で比較してみました。

Lサイズ オムツ 比較

(左からマミーポコ・西松屋・パンパース)

西松屋のオムツの大きさはちょうど、マミーポコとパンパースの間くらいですね。

マミーポコと2社で比較するとこんな感じです。

マミーポコ 西松屋 比較

前側

スマートエンジェル ベビーパンツ

後側

縦の長さは両者はあまり変わらないですが、横幅は西松屋の方がやや細身です。しかしながら、足回りのギャザーはなんと西松屋の方がゆるめでした!

手触り

  • 西松屋・・・ムーニーに似たやわらかいしっとりした感じ
  • マミーポコ・・・パンパース寄りのややがさがさした感じ

サイドの破り易さはどちらも大差はありませんでした。

吸収力とホールド力

西松屋、マミーポコ共に12時間くらい吸収力はあります。夜間でも十分対応できます。

ただ、ホールド力の点で西松屋はやや不安ありです。

オムツ自体が細身のせいか、娘の体形だと履かせた直後はだいたいTバック状態になってしまうんです(笑)

慎重にギャザーを出しておしりをホールドしないとずれてしまうので、漏れが心配です。

あくまでも我が家の娘の場合ですので、大きさはその子の体形によって問題ないこともあるかもしれません。

デメリット:おしり周りの不安さとニオイが難点

マミーポコと西松屋のオムツを重ねて大きさを比較してみました。

スマートエンジェル おむつ 西松屋

西松屋 オムツ 口コミ

大差はないように感じますが、下に置いたマミーポコの方がひとまわり大きい感じですね。

チェックポイント!

ただ、背中へ伸びるギャザーに大きな差があります。

使ってみて気付いたデメリットなのですが、背中側のギャザー部分に違いが現れました!!

マミーポコ オムツ 口コミ

マミーポコのギャザーは長めですっぽり覆ってくれます。

一方西松屋の方はというと・・・

西松屋 オムツ レビュー

お分かりいただけますでしょうか?

西松屋はマミーポコと比べて背中部分のギャザー部分が短い(上部で一旦切れていて下部のギャザーは無意味)ので、履かせ方が悪いと後ろが伸びず、おしりが出がちです。

さっきのTバック問題といい、おしり周りの使用感はちょっと残念ポイント。

あと、結構おしっこのニオイも気になるかもしれません。短時間でも西松屋の方がニオイがしてきます。

ただし、「おしっこお知らせライン」はどちらも黄色⇒青と見やすいです。

ネット販売はまだしていない?

この記事を書くまで気付かなかったのですが公式HPにも記載がなく、販売店舗も限定されているようです。

たまたま近所の西松屋にはいつもあるので、全国展開と思いきやそうではないのですね。

また、コロナでのトイレットペーパー騒動時には、一時店舗から西松屋オムツの在庫が全て消えました。(他のオムツはありました)今は潤沢に山積みされています。

 

<まとめ>日中用にはコスパ良し

結論

コスパ最強なので、試してみる価値はあり!

個人的な感想にはなりますが、頻繁に替えることを前提とした日中自宅用のオムツとしては良いです。

ただし、夜間や長時間の外出時は他のオムツの方が安心かもしれません。(保育園にも持っていくのは少々気が引ける)

2~3種類のオムツを使い分けるといいですね!

私はauポイントが溜まったら、西松屋商品をお得に買ったりしています。

楽天市場でも西松屋の商品が各種購入できます。

 

ブログ仲間様への御礼

前回の記事へのコメントやスター、本当にありがとうございました。

温かい励ましのお言葉や、共感しましたと言って頂けたことでとても元気付けられました。「横のつながり」というものをより一層強く感じました。

みなさまの優しさが嬉しく、はてなブログで始めて良かったです。 改めて御礼申し上げます。

www.utoutosara.com

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!

 

 読者登録、Twitterのフォローはお気軽にお願いします☆

当ブログに掲載の文章、画像は全て著作権で保護されており、無断転載は禁止です