うとうとさらの テンパり育児

心配性の新米ワーママがおすすめの育児グッズや暮らしに役立つ情報をご紹介します

【ネントレ本】妊娠中から読んでおいて損なし!おすすめの一冊

 

こんにちは、うとうとさらです。

 

ネントレ という言葉ご存知ですか?

 私は妊娠するまで知りませんでした。

 赤ちゃんの唯一のお仕事、

ねんねをトレーニングするだと?  

なにそれ、スパルタママ…

頭ははてなマークでいっぱいです。

今回はそんなネントレについてのお話です。

f:id:utoutosara:20191116221535j:plain

 ネントレって本当に必要なのかな

赤ちゃんの寝かしつけってすごく大変

 妊娠してからネットで育児マンガ等を読むようになり、

毎日の寝かしつけに苦労しているママさんたちの

リアルな記事がたくさんあって青ざめる私…

 

やばい。子供ってこんなに寝ないのか。

生まれたての赤ちゃんが一人で眠れないのは当たり前としても、

背中スイッチだと?

一歳済んでからも夜泣きだと?

 

うーん…早々に仕事復帰予なのに、

毎晩寝不足で大丈夫かなと

一抹の不安がよぎりました。

 

何を隠そう、私の出産前の

睡眠時間は8〜10時間がベストコンディション。

 

お恥ずかしい話ですが

長く眠れるだけ気分爽快!って感じで、

ほぼ寝るのが趣味。

学生時代はともかく社会人になってからも、

とにかく人より長く眠らないと体力が持たない人間でした。

 

というわけで

出産後、2~3時間おきにやってくる授乳と寝かしつけ

妊娠中からかなり怯えていました!

さすが心配性(笑)

(実際、夜中の頻回授乳をしていた頃の記憶があまりないです…)

f:id:utoutosara:20191116223302j:plain

ネントレ本との出会い

前回までの記事で書いたように

私は特につわりと切迫早産で

妊娠中は全然動き回れなかったので、

つわりがマシになって

活字が読めるようになってからは

よし、育児について勉強しよう!

という意気込みで何冊か本を買いました。

 

▽ 壮絶なつわり体験の記事はこちら 

www.utoutosara.com

www.utoutosara.com

 

特に、妊娠中に読んでおいて良かった!

と心底思ったのはこちらのネントレの本です。

 

「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド 

0歳からのネンネトレーニング」

 清水悦子 著

 

ネントレに関する本は何冊か出ていますが、

海外方式はなんとなくとっつきにくく、

実際に自分が実践するか分からなかったので

こちらの日本人による、日本人のためのネントレ

について書かれているものにしました。

f:id:utoutosara:20191116223434j:plain

赤ちゃんの寝言泣き

実践してみて役立った知識 その1

本書によれば、

夜中に40〜60分ごとに泣くのは寝言泣きの可能性が高いので、

すぐに抱っこしたりオムツを確認する等対処するのではなく、

まずはしばらく様子を見るということで泣き止む

 

自分に置き換えてみても、

寝言を言うたびいちいち旦那さんから揺すり起こされて

「ねえ、ねえ、大丈夫?」と言われても

イライラしてしまいますよね。

(ちなみに、夫くんいわく私は寝言がひどいらしいです。

結婚してから判明しました。笑)

 

つまりはそれと同じこと!

と本書には書いてありました。

 

この考え方を読んだとき、

まさに・・・目からウロコ!

 

これについては事前に知っているかどうかで、

新生児に対しての対処方がだいぶ変わってくると思います。

 

初めての子育ての上、私は極度の心配性なので、

もしこれを知らなかったら絶対毎回抱っこや

オムツチェック、はたまた無駄な授乳などをして

せっかく眠っていた赤ちゃんを起こしてしまっていたはずです。

 

この方法を知っていたからこそ、

夜中も神経質にならず

おおらかに見守ることができたと思います。

f:id:utoutosara:20191116223530j:plain

添い乳は夜中に何回も起きる原因になりうる

 実践してみて役立った知識 その2

この部分を読んでみての感想は・・・

まぁそれは実際に生んでみてから、

娘がどういう要求をしてくるかで決めようとは思っていました。

 

結論から言うと、

私は夜中に添い乳で寝かせたことはありませんでした。

 

まず添い乳うんぬんの前に、

小さい赤ちゃんとの添い寝は不安だったので

新生児を過ぎてからも

大人と同じベッドには寝かせず

ベビーベッドで寝かせたいという私の希望は一応ありました。

 

(結果的には、一歳半の今も隣のベビーベッドで寝てます。

お互い気にせずのびのび自分のスペースで眠れるので快適です。

布団の取り合いもありません。)

 

娘はこれもたまたまなのですが、

生後2ヶ月くらいから指しゃぶり

昼も夜も眠るようになったため

添い乳をせずとも、

夜中に目が覚めたときは

自分で指しゃぶりをしながらまた寝てくれました。

 

なので結局のところ、

私は夜中に添い乳で寝かせたことはありません。

 

これはもう、ただ娘に感謝です。 

長く寝ないとダメな身体のかーちゃんだと分かってて、

空気読んでくれたんだね。

娘よ、ありがとう。

(読者の方には参考にならず、申し訳ありません)

 

ただですね、昼寝というか

日中眠くてぐずってしまった時は

授乳したままの横抱き姿勢

しばらく寝かせてしまうということもありました。

(私がソファから微動だにできない小一時間

 =ドラマタイムと呼んでいた)

 

夜中の添い乳タイムを知らない娘は

生後3ヶ月頃には朝まで長く眠ってくれるようになりました。

 

夜中の授乳については本当にひとそれぞれだとは思います。

私の場合は仕事復帰も見据えて

最初から混合授乳だったので、

ミルクである程度お腹いっぱいになっていたのが良かったのかなと思います。

 

母乳にこだわらない方であれば、寝る前のミルクは有効です。

 

f:id:utoutosara:20191116225112j:plain

安眠グッズを決めておく

実践してみて役立った知識 その3

娘の場合は、早いうちからお気に入りの毛布を

寝るたびに毎回握らせてあげるのも効果ありました。

毛布といっても大人のひざ掛け程度です。

 

慣れてくると眠くなったら自分でその毛布を持って

ベッドを指差してねんねを訴えてくれました

 

外出時も何かしらの安心する布系があると

それを握って指しゃぶりして寝てくれます。

 

最初の頃は、あまりこだわりがなかったので

エイデンアンドアネイ の ガーゼケットを持って

車の中やベビーカーで眠っていました。

 

しかし、段々ものの違いに気づき始め、

こだわりがでてくるようになると毎回決まった毛布のみ!

 

なんせ、お気に入りが 毛布 なので、

夏の灼熱の車内でも、汗をかきながら毛布を握りしめて

眠っていたのには困りましたが(笑)

f:id:utoutosara:20191116225502j:plain

まとめ

今も成長に合わせて試行錯誤中

こうやって書いてみるとネントレについて、

なんだか順調そうに見えますが(そうでもないかな?)

 

もちろん、初めての子育てなので

睡眠時間や授乳タイミングについてはその都度悩んできましたし

今でも悩みは尽きません。

(最近、体力がついてきて夜の寝かしつけに1時間以上かかります)

 

特に寝かしつけについては、

脳の発達などの成長過程に直結するみたいなので

(いわゆる  メンタルリープ っていうやつですね)

 

今まではこのくらいの時間には眠っていたのに、

全然寝てくれなくなったとか

必ずベッドで遊び始めて寝なくなったとか

今でも四苦八苦しながら、

毎日娘の成長と向き合っています。

 

でも、妊娠中にこの本を一読しておいたお陰

実際育児をしながら本をじっくり読む暇がない時でも

パラっと読みたい項目だけ調べることが出来たので、

困った時は本当に助けられました。

 

何より本が家にあって、

またいつでも読み返せると思うと安心感がありますよね。

 

赤ちゃんが生まれてからだと

なかなかまとまって時間が取れませんし

本を読むくらいなら寝ていたいというのが本音だと思いますから

 出来れば出産前に読むことをオススメします!

 

と言いながらも、安心してください。

読みたい項目がすぐに見つかるので

全部最初から読まなくても大丈夫です。

 

それぞれ年齢にあった睡眠スケジュールなども紹介してくれていて

0歳は月齢ごとに詳しく書いてありますし

1歳〜5歳くらいまでは

保育園に通いだしてからのスケジュールの参考にもなりますよ。

 

いざという時のために、

ネントレ本は一冊あると便利です。

 

今日もお付き合いいただきまして

ありがとうございました!

 

▽ 関連記事 ▽

www.utoutosara.com

 

www.utoutosara.com

 

www.utoutosara.com

 

www.utoutosara.com

 

 

 

当ブログに掲載の文章、画像は全て著作権で保護されており、無断転載は禁止です